「風香・心の詩」photo/香枝流カードの詩

香枝流さん作カードの「風香の詩」載せてみました ヾ(^- ^〃) 

              a001(3-91)     

*同じ時代に生きる

私の周りには

沢山の素敵な人がいる

強い人

可愛い人

かっこいい人

同じ時代に

ここで生まれ

巡り会えたことが

嬉しくて

ただ

嬉しくて

私の周りには

沢山の協力者がいる

恐い人

優しい人

爽やかな人

同じ時代に

ここで共に

生きられたことが

嬉しくて

ただ

嬉しくて


                    a002(3-43)     

*春

あなたが

あなたじゃなくなって

過ごした日々

飛ぶことをやめた鳥のように

過ごした日々

長い

長い冬は幕を閉じ

春が巡って来ました

以前

大空を羽ばたいていたように

羽ばたいてはみませんか

あなたらしく

勇気を出して

羽ばたいてはみませんか


                    a003(5-6)     

*今が一番幸せなのは

今まで生きて来た

どの時よりも

今が一番幸せなのは

同じ時代に生まれて

あなたと

巡り会うことが出来たから

今まで生きて来た

どの時よりも

今が一番幸せなのは

この世でたった一人の

あなたに

巡り会うことが出来たから


                    a004(2-56)     

*輝く星

夏の夜

初めて見た君の目は

輝いていた

だけど

どこにいても君は

輝いているんだね

今まで思い出せなかった

どこかで見たことのある光景

やっと思い出せたよ

よく晴れた夜

空一面に

キラキラ輝く

沢山の星

その中でひときわ

輝いている星

そうだよ 凌

君はちょうどあの星に

似ているんだよ


                    a005(5-27)     

*人間

良いとこばかり

話したら

良い人ができあがる

悪いとこばかり

話したら

悪い人ができあがる

人の話は

そんなもの

良いとこばかりの

人もいないはず

悪いとこばかりの

人もいないはず

良いところがあって

悪いところがあって

それが人間

それこそ人間   


                    a006(4-6)     

*やさしい言葉

やさしい言葉で

生かされている

わたしです

やさしい言葉に

元気をもらう

わたしです

やさしい言葉を

そっとかけたい

わたしです


                    a007(1-35)     

*壁

こんなこと言ったら

おかしい

こんなこと言ったら

笑われる

言いたいことが

言えなかったあの頃

目の前にあった

いくつもの壁

そんな目の前の壁が

少しずつ崩れ落ちて

自然でいいんだ

普通でいいんだ

そう思えた時

生きるのがとても

楽になりました


                    a009(3-30)     

*ただそれだけ

私が欲しかったのは

あなたのやさしい笑顔

ただそれだけで

それだけで

良かった

私は何もいらない

もしも

もしも下さるのなら

あなたのやさしい言葉

ただそれだけで

それだけで

良かった


                    a010(3-95)     

*人生の一ページに

あなたの人生の一ページに

私も加えて下さるんですね

あなたが人生を終えられる時に

「あ~いい人生だった

ありがとう」

と言って

この世を去る時

ほんの少しでいいから

あなたにとっての

いい人生の

一部でいられたら

幸せです


                    a012(3-14)     

*幸せのレール

山を越えた時

健康を喜んだ

谷を這い上がった時

当たり前の生活に

感謝した

家族が居て

家庭がある

レールから

外れそうになったら

軌道修正する

幸せのレールに沿って

また進む

幸せのレールは

まだまだ続く


                    a014(3-2)     

*光に向かって

植物が

光に向かって

伸びて行くように

私もまた

かすかな光を頼りに

手さぐりで

光に向かって

一歩また一歩進む

幸せな方に向かって


                    a015(1-95)     

*忘れよう

大家族の中にいて

次から次へと

訪れる問題

時には悲しみに

押しつぶされそうに

なりながら

それはまるで

次第に引いて行く

腫れを待つことにも似て

気にすれば気にするほど

辛い時は

長く感じられる

気にしないでいたら

いつの間にか腫れは

引いてしまうはずだから

もう忘れよう

もう十分悲しみの

中にいたのだから  


                    a038(2-11)     

* あした

泣いて

笑って

怒って

眠る

眠れば

あしたが

待っている   


                    a101(4-41)     

*コンビニへ

コンビニの

君の笑顔に会いに行こ

気だるい朝も

爽やかな君の声で

ファイトが湧くんだ

朝飯は買うけど

君の笑顔は

もらっておくからね

コンビニへ

君の笑顔に会いに行こ

疲れた夜も

元気な君の声で

パワーが出るんだ

夕飯は買うけど

君の笑顔は

もらって行くからね


                    a102(2-42)     

*花火

人生は花火のように

短くはないけれど

ひとつの花火を

ゆっくりゆっくり

何十年もかけて

打ち上げているような

そんな人生でありたい

大きくなくても

美しくなくても

立派でなくてもいい

私らしく

私が満足できれば

それでいい

最後には

何の未練も残さず

きれいに消えて

無くなります


                    b008(3-63)     

*私のペースで

右を見ても

左を見ても

前を見ても

後ろを見ても

競うことばかり

私は

競うことなどない所で

のんびり行くのがいい

私のペースで

進んで行くのがいい


                    c001(1-25)     

*あの日のまま

体のすべての

細胞が入れ代わって

数年前の私でさえ

もうどこにも

いないはずなのに

私の心だけが

取り残されて

あの日のまま

生活も家族も

前とはこんなに

変わってしまったのに

それについて

行くことのできない

私の心は

置いてきぼりで

あの日のまま


                    c002(3-29)     

*十年前と十年先

十年前には

辛かったことも

今の私なら

簡単に

乗り越えられる

今の私には

辛いことも

十年先の私なら

簡単に

乗り越えられる

きっとそうだ

きっとそうに違いない


                    c003(3-17)     

*言葉ひとつで

心ない言葉に

心がすり減る

優しい言葉で

心は膨らむ

あなたの言葉で

心は躍る

言葉ひとつで

こんなにも揺れ動く

わたしの心


                    c004(4-20)     

*心の温度

温かいって

感じる人

冷たいって

感じる人

体温でたとえると

平熱が36度5分

ちょっと

やさしくて37度

もう少し

やさしくて38度

これ以上やさしい人は

やさし過ぎ

そうね

  これは心の温度

私は38度の人が好き


                    c070 -みささん作-     

*みんな仲間

地球って

いろんな人がいるけど

人をばかにすることは

絶対ダメ

みんな同じ人間だし

みんな感じる心はある

仲良くしよう

みんな同じ

人間なんだから


                    d041(1-5)     

*あしたでも 百まででも

あした

死んでもいいように

百まで

生きてもいいように

考え

考え

生きていこ

食べたいものは

食べておこ

会いたい人には

会っておこ

やりたいことは

やっておこ

百まで

生きてもいいように

少しは貯金も

しておこう


                    e005(2-11)     

*あした

泣いて

笑って

怒って

眠る

眠れば

あしたが

待っている


                    e006(5-6)     

*今が一番幸せなのは

今まで生きて来た

どの時よりも

今が一番幸せなのは

同じ時代に生まれて

あなたと

巡り会うことが出来たから

今まで生きて来た

どの時よりも

今が一番幸せなのは

この世でたった一人の

あなたに

巡り会うことが出来たから


                    e007(3-17)     

*言葉ひとつで

心ない言葉に

心がすり減る

優しい言葉で

心は膨らむ

あなたの言葉で

心は躍る

言葉ひとつで

こんなにも揺れ動く

わたしの心


                    e008(3-95)     

*人生の一ページに

あなたの人生の一ページに

私も加えて下さるんですね

あなたが人生を終えられる時に

「あ~いい人生だった

ありがとう」

と言って

この世を去る時

ほんの少しでいいから

あなたにとっての

いい人生の

一部でいられたら

幸せです


                    e024(7-88)     

*しあわせ

しあわせは

普通に見たら

見えないけれど

ちょっと

角度を変えて見たら

ちゃ~~んと

見えるんだ

小さなしあわせ

見えるんだ

小さなしあわせを

いっぱい集めたら

ホラ

こんな大きな

しあわせになった

わたしは

こんなに大きな

しあわせの中にいる


                    f006(1-5)     

*あしたでも 百まででも

あした

死んでもいいように

百まで

生きてもいいように

考え

考え

生きていこ

食べたいものは

食べておこ

会いたい人には

会っておこ

やりたいことは

やっておこ

百まで

生きてもいいように

少しは貯金も

しておこう


                    f014     

百まで

生きてもいいように

少しは貯金も

しておこう


                    g021(7-94)     

*みんな知っている

わたしたち人間は

植物や他の全ての

生き物たちと共に

この地球に住まわせて

いただいている

人間ばかりが

好き勝手に出来る

地球ではないことを

知らないものはいない

自然に逆らうと

自然から

見放されることも

みんな知っている


                    g022(7-92)     

*少しずつ

辛い状況にあっても

希望が見えたら

大丈夫

光が見えたら

大丈夫だよ

その光に向かって

少しずつでいいから

進んで行ったら

いいんだ

一歩

また一歩って


                    i006(8-58)     

*淡いピンクのシクラメン

結婚して二十四年

四十九回目の

バースデーの少し前

廊下に置かれた

淡いピンクの

シクラメン

「お母さんにって

お父さんが

買ったんだよ」と娘

これは私の好きな色

襖一枚へだてた

向こうから

「俺の好きな

色なんだ」と

夫の声が返って来た

な~んだ

知っていたのかと

思ったのに・・・


                    i018(7-4)     

*紅葉

やがては散る

美しい花のように

やがては落ちる

紅葉の美しさよ

芽吹いた頃の若葉を

思い出しながら

葉の一生を考えていた

今まさに

美しく紅葉した

その葉を

もう一度

じっと見つめる

あとわずかの命

来年もまた

新しい命となって

生まれて来ることを

約束している

紅葉


                    i020(6-75)     

*私の落ち度

「あの人に

こう言われた」

じゃなくて

「この人に

こう言われた」

じゃなくて

あの人に

あんなことを

言わせてしまった

この人に

こんなことを

言わせてしまった

言わせてしまった

私の落ち度


                    j003(7-33)     

*きれいに染まる

きれいなものを

好きなのは

やさしい心の

人だから

目から入って

きれいに染まる

心も染まる

きれいに染まる

あなたの心が

広いのは

きれいなものを

見てたから


                    j004(4-17)     

*風任せ

先のことなど

わからない

成り行き任せ

風任せ

与えられたものは

受け入れるだけ

きっといいこと

ありますようにと

祈るだけ


                    j005(7-6)     

*のんびり気長に

疲れたり

忙しかったら

休めばいい

のんびり

気長に

やればいい

出来る時は

さっと一気に

やるのもいい

あとは

のんびり

気長に

やればいい


                    j006(7-40)     

*年の暮れ

落葉樹が惜しげもなく

美しい葉を

落としたように

わたしも

抱えきれない荷物は

整理して

新しい年を迎えたい

もう今年も終わる


                    j008(7-10)     

*向かう道

傷つく度に

心が揺らぐ

傷つく度に

歩を緩める

霧の中で

周りが見えなくなったら

霧が上がるのを

待つように

心が癒されるのを待つ

歩を緩めて

向かう道を探しながら

次第に癒されるのを待つ

心の霧が上がったら

向かう道がはっきり

見えて来る


                    j009(7-87)     

*生きてる理由

生きてる理由に

ちゃんとした答えなんて

出せないよ

ただ

生きていて

良かったって

思えることがあるから

生きていることを

喜んでくれる人が

いるから

生きていないと

悲しむ人がいるから

だから

生きてる

だから

生きていたいんだよ


                    k004(11-68)     

*私のままで

使いごこちが

悪くなった体にも

すっかりなれて

仲良く付き合っている

やがて

老いた体の中に

居ることになっても

うまく付き合っていく

一番私らしい

私のままで

はげましながら

いたわりながら


                    k005(11-37)     

*行けば良かった

「あした死んでも

いいように

百まで生きても

いいように

考え考え

生きていこ

やりたいことは

やっておこ・・」って

自分がそうなることは

考えていたのに

相手がそうなる事など

考えていなかった

行こうって誘われた時

すぐ行けば良かった


                    k029(3-86)     

*爽やかな人

今日のこの日の

出来ごとが

次第に薄れて

いかないように

あなたのことを

詩にしましょう

詩のタイトルは

爽やかな人で

いいかしら?

今日のこの日の

出来ごとは

私の歴史の

一ページ

心の中に

刻みましょう

私の彼は

流石に素敵で

いいかしら?


                    m010(6-82)     

*またあした

新しい

今日を告げてくれた

あなたが

「またあした」と秋色に染めて

帰って行った

私も一緒に

秋色に染まる夕暮れ

あすにはまた

会えるから

「またあした」と言って

私も家路に急ぎます

決して

裏切ることのないあなたに

必ず会えることを

私は知っているから

「またあした」


                    m011(1-4)     

*子供達へ

この人の子どもが欲しい

そんな気持ちが

私を結婚へと導いた

あれから十六年

息子も中学生になり

父親に怒られ

「あの親父・・・」と

私に訴えた時

「お母さんはあなたに

良いお父さんを

選んであげられて

良かったと思っているの

お父さんと結婚したこと

あなたに誉めて貰えると

思っているわ」

そう言いました

息子は何も言わず

静かに立ち去った


                    m012(11-99)     

*おばあちゃんの言葉

少し我慢すると

いいことあるよって

教えてくれた

おばあちゃん

これから先

まだまだ

生きて行かなければ

ならない私を

支えてくれる

守ってくれる

助けてくれる

おばあちゃんの言葉


                    m013(11-34)     

*いい予感

いやな事

ひとつ選んで

済ませましょ

いらない物

ひとつ選んで

捨てましょう

いい笑顔

ひとつ選んで

飾りましょ

いい言葉

ひとつ選んで

書きましょう

ひとついい事

いい予感


                   m014(8-61)     

*だから私も

この地球で

それぞれが

主人公として

精一杯

生きている

動物も

植物も

人間も・・・

だから私も


                    n003(10-54)     

*いつもニコニコ

いつも

ニコニコしていると

ニコニコパワーが

出て来るぞ

体が自然に

動き出し

次第に心

軽くなる

いつも

ニコニコしていたら

ニコニコオーラが

出て来ちゃう

いいこと一杯

引き付けて

やなことなんか

逃げて行く


                    n004(4-53)     

*隣には

幸せな暮らしの隣には

悲しみが

苦しみが

痛みが

あなたの隙を狙ってる

不幸な暮らしの隣には

光が

明かりが

ぬくもりが

あなたに手を差し伸べる


                    n005(7-5)     

*喜んで

私には

大きな力は

ありません

それでも私で

いいのなら

喜んで

お役に立たせて

いただきます


                    n006(8-98)     

*咲く花

何をためらう

こともなく

自然なままに

生かされて

ただひたすらに

堂々と

短い時を

咲く花の

その健気さと

儚さが

私の心

魅了する


                    n007(9-44)     

*乾杯

何も無理をしなくても

生きることが

できるようになった

日に乾杯

そんな日が

あなたとの出会い


                    n008(6-46)     

*求めなければ

何も求めなければ

こんなにも

楽に生きられる

だなんて

私は知らなかった

相手に何も求めないことで

こんなにも

楽に生きられること


                    n009(10-30)     

*一つや二つ

動けるだけで

感謝

食べられるだけで

感謝

居てくれるだけで

感謝

考えられるだけで

感謝

思い通りに

ならないことの

一つや二つ

どうってことはない


                    n010(10-18)     

*人は人

何を言おうが

何をしようが

人は人

私はそれを

見て学ぶ                     


                    o016(9-4)     

*風香の心

今ここにいる私と

私の心の奥底で

別の人格を持つ

名もない私

その心の叫びを

私が綴る

名前を風香と付けて

戸籍の上で

さよ子と名乗る私が

風香の心を綴ります


                    o017(4-55)     

*お薬

悲しみに沈んだ心に

あなたのやさしい言葉は

まるで

お薬みたいに

よく効いて

私はすぐに

元気になりました

でも

お薬なら

もしかしたら

副作用が

あるかも

知れません


                    o018(5-61)     

*夢

自然な形で

ごく普通に

続けていたら

もしかしたら

いいことが

あるかもしれない

そんな夢を

見ていられたらいい

その程度の夢でいい


                    o019(6-67)     

*散歩

川の音

鳥の声

風の音

出会う人は皆

「おはよう」と言う

わたし

生きてる


                    o020(9-16)     

*お付き合い

遠くから

見守るという

お付き合い

陰ながら

応援という

お付き合い

いろいろあって

いいお付き合い


                    p001(11-58)     

*親

きょうだい、いとこ

またいとこ

おじさん、おばさん

おい、めいも

たどって行けば皆同じ

行き着く先には同じ親

ひいひいじいちゃん

ばあちゃんが

ハラハラ見てる空の下

いずれ私も その立場

親の背を見て育つ子に

見せられるかしら

この背中


                    p002(9-63)     

*人間は欲張り

抱えきれずに

身動きが

とれない

守るために

心を痛める

人間は

欲張りすぎる

どうせみんな

置いて

いくものなのに


                    p003(7-66)     

*刻まれる

今していることが

顔に刻まれる

心に刻まれる

体に刻まれる

だから出来るだけ

良いことをする


                    p004(8-28)     

*あの頃

百になるまでと

思っていたのに

百を越えた所には

千を望む私がいた

千を望む私に

もう一度

思い出させる

百を願った

あの頃を


                    q001(3-64)     

*母とは

いつだって

心和める

場所であり

誰もが憩える

家でありたい

いつだって

心休める

場所であり

誰もが旅立つ

駅でありたい


                 q002(5-11)     

*時はやさしく

若き日の

苦労はすでに

流されて

時はやさしく

笑顔を包む


                    q003(8-45)     

*心から

やさしさが

解け出す

雪解けの

水のように

少しずつ

少しずつ

やさしい

あなたの

心から


                    E018(9-42)     

*平和

むずしく考えなくて

いいよね

「ありがとう」と

「ごめんね」で

それで

生きていたら

平和なんだよね


                    E019(8-63)     

*写真

目の前に

突然現れた写真が

心の奥底で眠る思いを

呼び覚ます

見なければ

目覚めることもなく

通り過ぎたでしょう

あの時出合った思い

あの時迷った別れ道

懐かしい思い出

一瞬にして

遠い日にさかのぼって

あの時の思いを

詠んでみる

違う道に向かう私を

思い描いて

今の私が詠んでみる


風香の蝶の舞う丘

風香の詩や川柳と 香枝流さん画像との コラボを中心に 他いろいろな方たちとの コラボ画像を載せています。

0コメント

  • 1000 / 1000