蝶の舞う丘「ホームページ一覧」

 b021 二度とこない今日この時よありがとう


      *思うままに

     一年後 三年後

     十年後 二十年後

     今を振り返った時

     間違ったと

     思える選択も

     それはそれで

     良かった事

     どちらに転んだって

     良かったって事は

     今、どちらを選んでも

     良いという事

     頑張らなくても

     無理しなくても

     今、思うままに

―― (*^▽^*)ノ♪~''2015.5. 風香作――


      *あしたでも 百まででも

     あした

     死んでもいいように

     百まで

     生きてもいいように

     考え

     考え

     生きていこ

     食べたいものは

     食べておこ

     会いたい人には

     会っておこ

     やりたいことは

     やっておこ

     百まで

     生きてもいいように

     少しは貯金も

     しておこう


―― (*^▽^*)ノ♪~''2000.11. 風香作――

・・☆・・ 「F心の詩」より ・・☆・・


風香・心の詩

数ある風香の詩の中から選んでみました p(*^-^*)q   ☆・・「風香・心の詩」代表作・・☆ 2-11 [あした] 泣いて 笑って 怒って 眠る 眠れば あしたが 待っている ・・・ 1-5 [あしたでも 百まででも] あした 死んでもいいように 百まで 生きて ・・・ 6-13 [あなたのドア] 悲しい時 辛い時 消えて無くなって  しまい ・・・ 1-25 [あの日のまま] 体のすべての 細胞が入れ代わって 数年前の私 ・・・ 1-23 [「ありがたい」の毎日] 自分のことは 自分でやるものだ 年を・・・ 11-37 [行けば良かった] 「あした死んでも いいように 百まで生きても ・・・ 6-76 [いつも心に] 「また会おう」 って言って 会わずにいたことが 悔や ・・・ 5-6 [今が一番幸せなのは] 今まで生きて来た どの時よりも 今が一番 ・・・ 1-9 [今の私で頑張るんだ] 大きな声では 言えないが 私は密かに 信じ ・・・ 12-17 [言わない] 話したいという 欲求があるから 情報はもれると言う ・・・ 5-23 [同じ心] 相手の人の態度が 変わったように 見えたとしても ・・・ 1-35 [壁] こんなこと言ったら おかしい こんなこと言ったら 笑われる ・・・ 1-3 [体の存在] 自分の体の存在を 知らずに過ごせた日が あった・・・ 7-4 [紅葉] やがては散る 美しい花のように やがては落ちる ・・・ 8-24 [言葉は要らない] 相手を思いやる心が あるならば その間に ・・・ 3-17 [言葉ひとつで] 心ない言葉に 心がすり減る 優しい言葉で ・・・ 1-4 [子供達へ] この人の子どもが欲しい そんな気持ちが 私を結婚へ・・・ 4-41 [コンビニへ] コンビニの 君の笑顔に会いに行こ 気だるい朝も ・・・ 7-68 [修行] 俺が高校の時 母ちゃんは 修行だと思って 高校に ・・・ 3-95 [人生の1ページに] あなたの人生の一ページに 私も加えて下さ ・・・ 2-61 [蝶] 人間て 不思議だね 何十年も 過ぎてしまった今でも ・・・ 5-59 [てるて

tyounomauoka.at-ninja.jp

風香の川柳

風香の川柳 ☆川柳クリックで画像にジャンプします p(*^-^*)q 愛されて愛して今日も生きている 青いってずっと思っていたい空 諦めた夢を時々出してみる 悪人も少しいるので鍵をかけ あしたかも百かも命終わる時 あしたには変わってしまう心です 明日がある明日があるからあわてない 新しい靴が心を弾ませる 新しい出会い心も弾む春 あたりまえを私に望むのはやめて 集めてたピアス今では児のおもちゃ あなたでいいやはりあなたがいい私 あなたとの同じ思い出綴る春 あなたの手借りたらきっと飛べるはず あなたのままそのまま生きていたらいい あなたらしくこの世で生きるのが定め 網戸替えあとは来る蚊を待つばかり 雨の日を待って夫をこき使い 歩み寄るしかない一つ屋根の下 ありがたい仕事だけれどつい不満 ありがとう今日の心の色で書く ありがとうってイッパイ言った方が勝ち あれこれと履いて選んだ同じ靴 あれもこれも後で使うとまた仕舞い あれもこれもやりかけたまま春は行く いい風が吹いたら回るつもりです いい出会いまたいつの日かいい別れ 「いい骨」とレントゲン見て誉める医者 いい夢を見せて去ってく君と夏 いい嫁をやめて楽しい嫁稼業 生きるのもいいね空には月と星 幾度の危機乗り越えてまだ夫婦 意地悪をされていい人やめられる 一大事ゴルフしている太っ腹 一番の味方一番敵になり いつかまた夢は頭上に掲げとく いつだって輝いていた頃のまま いつだって心は自由大空へ いつだって信じられてて自由の身 一時でも別れは先に延ばしたい 一歩出て離れて私に戻るとき 命の水時には命を落とす水 癒されたい心あなたに会いたがる 受け取ってくれる笑顔に出す便り うちの娘が一人手を振る参観日 美しく咲いたばかりにまた摘まれ 鬱陶しい みんな言うけど快適じゃん 腕のいいあなたならばとポーズとる うなずいてくれる人だけ話したい うまくいくと思えばきっとうまくいく 噂などどこ吹く風と聞き流す

tyounomauoka.at-ninja.jp

風香の代表作「川柳」画像1

風香の代表作「川柳」画像1 数ある風香の川柳の中から選んで載せてみました o(*’▽’*)/☆゚’ *愛されて愛して今日も生きている f001 みつるさん作「花風車」 みつる&きくちゃんの作品カード *諦めた夢を時々出してみる c006 諦めた夢 *悪人も少しいるので鍵をかけ d053 悪人も *あしたかも百かも命終わる時 i021 あしたかも *あしたには変わってしまう心です j007 あしたには 第十弾「風香・心の詩」photo/香枝流 カード *明日がある明日があるからあわてない d029 明日がある 第四弾「風香・心の詩」photo/香枝流 カード *あなたでいいやはりあなたがいい私 d028 あなたでいい *あなたとの同じ思い出綴る春 e035 同じ思い出 *あなたの手借りたらきっと飛べるはず k018 あなたの手 第十一弾「風香・心の詩」photo/香枝流 カード o013 あなたの手 第十五弾「風香・心の詩」photo/香枝流 カード *あなたのままそのまま生きていたらいい f021 あなたのまま 「風香・心の詩」photo/香枝流 カード *網戸替えあとは来る蚊を待つばかり c038 網戸替え *雨の日を待って夫をこき使い a021 雨の日 第一弾「風香・心の詩」photo/香枝流 カード *歩み寄るしかない一つ屋根の下 i028 歩み寄る 第九弾「風香・心の詩」photo/香枝流 カード *ありがとう今日の心の色で書く i015 ありがとう *ありがとうってイッパイ言った方が勝ち l019ありがとう 第十二弾「風香・心の詩」photo/香枝流 カード *あれもこれもやりかけたまま春は行く a076 春は行く *いい出会いまたいつの日かいい別れ b009 いい出会い 第二弾「風香・心の詩」photo/香枝流 カード *「いい骨」とレントゲン見て誉める医者 d060 いい骨 *いい夢を見せて去ってく君と夏 d0

tyounomauoka.at-ninja.jp

風香の短歌

風香の短歌 ☆短歌クリックで画像にジャンプします p(*^-^*)q 会いたくて早く過ぎてと願ったり 止まって欲しいと願ってみたり 鮮やかに春告げている水仙の 色に心も染まるひと時 当たり前みたいになった優しさに ありがとうって感謝を込めて あと少しの命の炎と知りながら 尚も生きよと包む木漏れ日 あなた色にまだ染まりたくない私 今年も咲いた真っ白なまま あの頃のものはどこにも無いけれど 思い出ここにいつまでもある アパートに独り残して来た息子 桜見守る静かな別れ いい風にゆらゆら揺れて嬉しそう クルクル回れコスモスの花 いつあなたに会っても困らないように 年を取るのはもうやめにする いつだってスキップしたくなるような 心ず~っと保っていたい いつだって私が私であることを そっと見守り教えてくれる いろいろな思い思えば思うほど 巡る思いの果てしなきかな いろいろな思い胸にはあるけれど 過去の私はもう見当たらず 疑っていたら切りないことだから だまされたって信じていたい 美しく咲いた菖蒲がポーズ取る 晴れた五月の空を見上げて 幼い頃祖母から聞いた戦争は 遠くなったが平和も遠い お釈迦様の手のひらの上で守られて 自由自在に水は転がる 数少ない言葉の中に詰められた あなたの思いやさしい心 きれいなものいっぱい見せてくれる秋 拾い集めて心に仕舞う 車から降りてあなたとあの頃を 少し話してみたい夕暮れ 来るものはどうぞどうぞと招きます あとはあなたにお任せします 凍る身のわずかに解けた水滴の 思い描いた夢叶う時 心のキズ差別があるからできるんだ みんな心をピカピカにしよう 子どもの頃一緒に遊んだあの頃が 昨日のことのように思えて これ済めばもうお終いと思っても 終わらぬうちに次が待ってる 咲く花の色と香りに誘われて 蝶の気分で春を楽しむ さよならも言わず立ち去る女の子 早く追ってと見送るベンチ 幸せは小さな幸の積み重ね 何もなかったことの幸せ シナリオが出来てたなんて知らないで 罠にかかった小鳥が一羽 すこしずつずらして時をいくつもの 時計が刻む私の為に 素晴らしいあなた

tyounomauoka.at-ninja.jp

風香の短歌

風香の短歌 数ある風香の短歌の中から選んで載せてみました o(*’▽’*)/☆゜’ *会いたくて早く過ぎてと願ったり 止まって欲しいと願ってみたり h038 会いたくて 「風香・心の詩」photo/香枝流 カード *鮮やかに春告げている水仙の 色に心も染まるひと時 k123-f 水仙 風さんの写真 言葉を…「画像から飛び出して来た言葉たち-7」 *当たり前みたいになった優しさに ありがとうって感謝を込めて n.mi7 みつるさん作「お月見」感謝を込めて 「みつる&きくちゃんの作品」アルバム2 *あと少しの命の炎と知りながら 尚も生きよと包む木漏れ日 K23-f あと少し 風さんの写真 言葉を…「画像から飛び出して来た言葉たち-2」 *あなた色にまだ染まりたくない私 今年も咲いた真っ白なまま k174-f あなた色に *あの頃のものはどこにも無いけれど 思い出ここにいつまでもある k013 あの頃の 第十一弾「風香・心の詩」photo/香枝流 カード *アパートに独り残して来た息子 桜見守る静かな別れ r006 アパートに 第十八弾「風香・心の詩」photo/香枝流 カード *いい風にゆらゆら揺れて嬉しそう クルクル回れコスモスの花 n.mi27 みつるさん作「コスモス」いい風に *いつあなたに会っても困らないように 年を取るのはもうやめにする d011 いつあなたに 第四弾「風香・心の詩」photo/香枝流 カード *いつだってスキップしたくなるような 心ず~っと保っていたい y016 いつだって 第二十五弾「風香・心の詩」photo/香枝流 カード *いつだって私が私であることを そっと見守り教えてくれる i031 いつだって 第九弾「風香・心の詩」photo/香枝流 カード k152-f いつだって 風さんの写真 言葉を…「画像から飛び出して来た言葉たち-8」 *いろいろな思い思えば思うほど 巡る思いの果てしなきかな y015 いろいろ *いろいろな思い胸にはあるけれど 過去の私はもう見当たらず i019 いろいろな思い

tyounomauoka.at-ninja.jp

「風香・心の詩」photo/香枝流カードの川柳

「風香・心の詩」photo/香枝流カードの川柳 第一弾 a008 あんなこと命かけてた若かった a016 花の香が眠れと誘うお昼過ぎ a017 宇宙人と時々思う世代の差 a018 見当たらぬ愛のかけらをまだ捜す a019 たたいたり温めたりして開けるビン a020 夏帽子わずかに顔に陰作り a021 雨の日を待って夫をこき使い a022 喧嘩しても夫婦一つの船をこぐ a023 ちょっぴりの秘密の中にある平和 a024 見たことはないけど釣ったという魚 a025 価値観の違う両者の言う正義 a026 大嫌い大好きなのも同じ人 a027 うちの娘(こ)が一人手を振る参観日 a028 ランドセル慣れて来たのか様になり a029 子沢山すぐに比べてしまう癖 a030 持参した本は睡魔に奪われる a031 まだタバコやめる理由が見つからず a032 都合悪いことだけ忘れる物忘れ a033 じゃあまたと言って終わらぬ立ち話 a034 極楽の下見この世でしてみたい a035 相談を聞いてて逆に相談し a036 悩む程周りは気にも留めてなく a037 想い出をエネルギーにして待つ未来 a039 幸せはたまに来るから幸せね a040 喜びも悲しさも倍にする満月 a041 喜びは二倍悲しみ癒す満月 a042 幸せをだるまに込めて祈ります a044 知るよりも「知らぬが仏」は楽でいい a045 太ること気にせぬ妻が気に掛かり a046 夢でいい叶えば尚いい夢描く a047 あの星は君の努力を知っている a052 顔はパパ頭ママ似で子は悲惨 a053 恐いから二人で開ける玉手箱 a054 黙っててと昨夜の話もう耳に a055 叶えてとだるまに祈る君の夢 a056 うわさ話伝言ゲームより適当 a057 喧嘩しない思えば顔も見ていない a058 七転び八起き幸せ運びます a059 転んで起きてひとつ年輪刻まれる a060 転んでも最後は起きるだるまです a061 転んでも起き上がるたび強くなる a062 転んでは起きて転んでまた起きる a063 計画を立てた心は旅に出る a064 実現せぬ目標掲げ早十年 a065 幸せはたまに来るから幸せね a066 前向きに生きて何でも良しとする a074 悪いとこ直せばあなたじゃなくなるわ a075 夢の中いい句出来たがメモ

tyounomauoka.at-ninja.jp

「風香・心の詩」photo/香枝流カードの短歌

「風香・心の詩」photo/香枝流カードの短歌 第四弾 d011 いつあなたに会っても困らないように 年を取るのはもうやめにする d019 疑っていたら切りないことだから だまされたって信じていたい d050 幸せは小さな幸の積み重ね 何もなかったことの幸せ d052 ひとつだけ叶えてやると言われたら 迷わず君の幸せ願う 第四弾「風香・心の詩」photo/香枝流カード 第五弾 e001 こころのキズ差別があるからできるんだ みんな心をピカピカにしよう -みささん作- 第五弾「風香・心の詩」photo/香枝流カード 第八弾 h017 車から降りてあなたとあの頃を 少し話してみたい夕暮れ h034 物思いに沈む夕日を見つめてる 君の心をのぞいて見たい h038 会いたくて早く過ぎてと願ったり 止まって欲しいと願ってみたり 第八弾「風香・心の詩」photo/香枝流カード 第九弾 i014 いつも見ている色と違うそれだけで 違う世界を見ているみたい i017 届かなくなって初めて知る痛み 空気みたいに大切な人 i019 いろいろな思い胸にはあるけれど 過去の私はもう見あたらず i023 きれいなものいっぱい見せてくれる秋 拾い集めて心に仕舞う i027 ポケットに詰めて帰った思い出を 出して仕舞ってまた出してます i031 いつだって私が私であることを そっと見守り教えてくれる i034 皆同じ制服姿の子供等の 中から捜す我が子を捜す 第九弾「風香・心の詩」photo/香枝流カード 第十弾 j001 すこしずつずらして時をいくつもの 時計が刻む私の為に j016 駆けぬけて来た人生に卒業し あとはゆっくり行こうじゃないか j019 寒くなる前の楽しい時過ごす 幸せな秋幸せな時 j021 どんな日も見守る月のやさしさと どこか似ているあなたの笑顔 j038 ゆるめてもどこかピーンと一つだけ 張っておきたい心の糸を 第十弾「風香・心の詩」photo/香枝流カード 第十一弾 k013 あの頃のものはどこにも無いけれど 思い出ここにいつまでもある k031 久しぶりに帰った兄に

tyounomauoka.at-ninja.jp

「風香・心の詩」photo/香枝流カードの詩

第一弾                     a001(3-91)      *同じ時代に生きる 私の周りには 沢山の素敵な人がいる 強い人 可愛い人 かっこいい人 同じ時代に ここで生まれ 巡り会えたことが 嬉しくて ただ 嬉しくて 私の周りには 沢山の協力者がいる 恐い人 優しい人 爽やかな人 同じ時代に ここで共に 生きられたことが 嬉しくて ただ 嬉しくて                     a002(3-43)      *春 あなたが あなたじゃなくなって 過ごした日々 飛ぶことをやめた鳥のように 過ごした日々 長い 長い冬は幕を閉じ 春が巡って来ました 以前 大空を羽ばたいていたように 羽ばたいてはみませんか あなたらしく 勇気を出して 羽ばたいてはみませんか                               a003(5-6)      *今が一番幸せなのは 今まで生きて来た どの時よりも 今が一番幸せなのは 同じ時代に生まれて あなたと 巡り会うことが出来たから 今まで生きて来た どの時よりも 今が一番幸せなのは この世でたった一人の あなたに 巡り会うことが出来たから                     a004(2-56)      *輝く星 夏の夜 初めて見た君の目は 輝いていた だけど どこにいても君は 輝いているんだね 今まで思い出せなかった どこかで見たことのある光景 やっと思い出せたよ よく晴れた夜 空一面に キラキラ輝く 沢山の星 その中でひときわ 輝いている星 そうだよ 凌 君はちょうどあの星に 似ているんだよ                     a005(5-27)      *人間 良いとこばかり 話したら 良い人ができあがる 悪いとこばかり 話したら 悪い人ができあがる 人の話は そんなもの 良いとこばかりの 人もいないはず 悪いとこばかりの 人もいないはず 良いところがあって 悪いところがあって それが人間 それこそ人間                        a006(4-6)      *やさしい言葉 やさしい言葉で 生かされている わたしです やさしい言葉に 元気をもらう わたしです やさしい言葉を そっとかけたい わ

tyounomauoka.at-ninja.jp


池上さんの作品

机に座って書くことが多いようです。 きれいな字を書くコツは、漢字は大きく、仮名は小さく。 左右に曲がらず、まっすぐ書くことだそうです。     作品の前で撮ったのは、池上さんの所属している 書道団体の作品展でのひとコマです。 「方丈記」を、ろうそくを溶かして書いたものです。   ↑池上さんの書「あしたでも 百まででも」きんさんぎんさんの肖像画入り拡大 *「あしたでも 百まででも」分かりやすい文字入り画像     池上博さんのはじめての個展(2002.6) 話題の人の似顔絵、その言葉を書いた楽しい書の墨戯展です。 池上光風墨戯展「たのしみま"書"」 話題に人とことば・・・そして愛 2002.6 ホームへ ↑池上さんの書「あしたでも 百まででも」きんさんぎんさんの肖像画入り拡大 *「あしたでも 百まででも」分かりやすい文字入り画像     池上博さんのはじめての個展(2002.6) 話題の人の似顔絵、その言葉を書いた楽しい書の墨戯展です。 池上光風墨戯展「たのしみま"書"」 話題に人とことば・・・そして愛 2002.6 ホームへ ↑池上さんの書「あしたでも 百まででも」きんさんぎんさんの肖像画入り拡大 *「あしたでも 百まででも」分かりやすい文字入り画像 ↑池上さんの書「あしたでも 百まででも」きんさんぎんさんの肖像画入り拡大 *「あしたでも 百まででも」分かりやすい文字入

tyounomauoka.at-ninja.jp